正しい洗顔のやり方

洗顔する人

間違った洗顔方法とは?

正しい洗顔と言っても、普段洗顔というのはご自身の自己流なやり方で行っている方のほうが圧倒的に多いと思います。なので、イマイチどのような洗顔が正しい洗顔なのか分からないものですよね。正しい洗顔のポイントは泡、肌への摩擦、水の温度、回数です。皆さんは、いつもの洗顔でゴシゴシ顔を強く擦りながら洗顔したり、シャワーで一気にすすいだり、毛穴が引き締まるだろうと冷たい水だけですすいだり、何回も顔を洗うなどの事をしていませんか?それらは全て間違った洗顔方法です。この方法で洗顔を行っても洗顔は本来の役割を発揮してはくれません。

正しい洗顔方法

では、基本の正しい洗顔のやり方です。まずは洗顔の際に使う洗顔料ですが、濃密で手のひらをひっくり返してもだれてこない泡を作りましょう。濃密な泡を作る方法ですが、バラエティショップや100円ショップで売っている洗顔用のネットを使うのがおすすめです。モコモコとした泡でゴシゴシと洗わず、肌への摩擦をあまり起こさないようやさしく洗いましょう。すすぎですが、水が冷たいと毛穴が閉じて汚れが浮きにくくなり、また熱いと皮脂を落としすぎてしまうので、適温の30~34度のぬるま湯でやさしくすすぎます。またこの際顔の中心だけでなく、生え際や顔の横の方など確認し、洗い残しの無いよう注意して20~30回ほどすすぎましょう。すすぎが終わったらタオルを顔に優しく押し当てながらふき取ります。この際絶対にタオルで強く拭き取らないようにします。洗顔を1日にやりすぎるのはだめで、1日大体1~2回行うのが適切です。以上が基本の正しい洗顔方法です。正しい洗顔方法を身につける事はキレイ肌への一歩ですよ!