泡洗顔のメリット・デメリット

泡

泡洗顔とオイル洗顔

泡洗顔があくまで一般的な方法ですが、他にも洗顔方法はあり、泡洗顔にはメリットだけではなく、デメリットも存在しています。他の洗顔方法であるオイル洗顔と比較しながら、よりご自身に合った洗顔方法を知りましょう。泡洗顔のメリットですが、肌の角質、皮脂汚れなどがきっちり落ちます。また、洗顔料が様々なため、自分に合った洗顔料を選ぶことが出来ます。また、一般的に浸透した洗顔方法なので、色々な泡洗顔用グッズも出ており、より楽しく洗顔できます。泡を使って洗顔をする際は泡がクッションのような役割を果たすため、刺激が比較的少ない洗顔が出来るのも魅力です。デメリットとしては、洗浄成分が強いものを使用した場合には肌が過剰な刺激を感じてしまう、洗いすぎた場合は乾燥してしまう事などです。続いて、肌に使っても問題のない成分で出来ているオイルを使って行うオイル洗顔です。こちらは泡洗顔とは違いオイルで洗顔する方法です。メリットとしてはオイルで保湿しながら洗顔するので、乾燥肌の方などに向いた方法となっています。また毛穴の奥の汚れも溶かして綺麗にしてくれます。デメリットは脂性肌の方には適した洗顔方法ではない事、洗い上がりがベタつくことなどがあります。

デメリットの回避方法

しかし、泡洗顔で洗い過ぎによる乾燥が気になる方はより保湿力の高い洗顔料を使う事などで回避できます。またオイル洗顔は肌の乾燥がかなり気になる…という方にはとても有効な洗顔方法です。どちらが自分の肌質に合っているかで洗顔方法自体を変えてしまう、または違う方法の洗顔を両方取り入れるのもおすすめです。